[レッドウィング] 0101 POSTMAN OXFORD(ポストマンオックスフォード) ポストマンシューズ BLACK CHAPARRAL [00067468] - 16083円 : レディースワンピース・チュニック, おもちゃ雑貨・手品, スポーツウェア, ファーストシューズ, ぬいぐるみ - spokaneperformance.com
  • Image 0
  • Image 1
  • Image 2

[レッドウィング] 0101 POSTMAN OXFORD(ポストマンオックスフォード) ポストマンシューズ BLACK CHAPARRAL

36805円

 16083円
割引: 56%OFF
モデル:
00067468

カートに入れる:

製品説明

[レッドウィング] 0101 POSTMAN OXFORD(ポストマンオックスフォード) ポストマンシューズ BLACK CHAPARRAL

1954年、レッドウィング社がポストマンとポリスマンの為に発売した#101は、グリップが良くクッション性の高いウエッジ型のラバーソールと、光沢のある黒いコレクテッド・グレインレザーが特徴の完成度の高いサービスシューであった。 5年後、1959年には、チャッカ丈の#9196が追加され、ラインナップも拡がった。翌年、1960年に、#101のアッパーのデザインが改良され、一枚の革を贅沢に使った、流麗なデザインとなった。このマイナーチェンジでその評価を更に高めた#101、#9196は、毎日大量の手紙が納められた大きなカバンを抱えながら歩いて手紙を配達する郵便局員にとって何よりも頼もしいものであったに違いない。 こうしてレッド・ウィング社の#101、#9196は「ポストマン・シューズ」と呼ばれ、20世紀のアメリカのサービスシューを代表する商品となった。靴の再度に縫いつけられた「SR/USA」のタグは、SR/USA standard(slip-resistant. mde in USA with a tag designated SR/USA)への適合の証であり、USPSの規定で定める職員の靴であった事も意味する。 20世紀後半のアメリカワークシーンで活躍した「ポストマン・シューズ」。クラシックなワークウェアがタイムレスなアイテムとして脚光を浴びている現代のファッションシーンに、ひときわ存在感のあるシューズとしてよみがえった。
※光沢の強い革から従来よりも光沢の弱いマットな革に移行しており、当店在庫もそれぞれが混在している状況でございます。レザーの種類はお選びいただけませんので、あらかじめご了承くださいませ。
メイン素材: 革
ヒールのタイプ: ウエッジ
留め具の種類: レースアップ
ワイズ(横幅):D
レザー:ブラック『シャパラル』
ソール:ブラッククッションソール
製法:オールアラウンドグッドイヤーウエルト MADE IN USA
※光沢の強い革から従来よりも光沢の弱いマットな革に移行しており、当店在庫もそれぞれが混在している状況でございます。レザーの種類はお選びいただけませんので、あらかじめご了承くださいませ。